交響曲第2番(ジョン・バーンズ・チャンス)

基本情報

  • 原題:Symphony No.2
  • 作曲者:ジョン・バーンズ・チャンス
  • 編成:ウインドオーケストラ
  • グレード:5
  • 演奏時間:約17分
  • 作曲年:1972年
  • 出版:ブージーアンドホークス(Boosey & Hawkes)
  • 初演:1972年*1

エピソード

チャンスと作曲家クリフトン・ウィリアムズ?は1962年、「C♯-D-F-Eの動機を用いて、お互いに曲を書く」という約束を交わした。この約束が交響曲の起源となっている。チャンスが作品の一部のテープをウィリアムズに送った時、ウィリアムズはこの作曲を断念し、またチャンスも他の創作に尽力し始めていた。

1972年にケンタッキー州レキシントンの大学で助教授になった時に、ノースウエスト音楽センターよりマイノット州立大学ウインドアンサンブルに捧げる曲の依頼を受ける。チャンスは古い作品を加筆して復活させ、この交響曲を完成させた。この作品は1972年に発表されたが、彼は突然の事故死により、その実演を聴くことは叶わなかった。*1

構成

  1. Sussurando(ささやくように)
  2. Elevato(気品をもって)
  3. Slancio(突進、勢い、情熱)

演奏記録

カテゴリ


*1  木原英土『タッド・ウインドシンフォニー ニューイヤーコンサート2019 PROGRAM NOTES』

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-20 (月) 07:59:10 (1046d)