アルフレッド・リード (Alfred Reed)

プロフィール

アルフレッド・リード(1921-2005)はアメリカ・ニューヨーク生まれの作曲家・指揮者。兵役で陸軍航空隊バンドに配属されていた期間、110曲余りの吹奏楽作品の作曲・編曲を手掛ける。兵役を終えるとジュリアード音楽院でヴィットリオ・ジャンニーニに師事。*1

特に吹奏楽においては、20世紀を代表する音楽家の1人とされる。200曲以上の吹奏楽作品があり、指揮者としての活動も活発で、親日家でもあり来日回数も多かった。2005年、老衰のために84歳で死去。*2

吹奏楽作品一覧

交響曲

作曲年邦題原題備考
1952金管楽器と打楽器のための交響曲?Symphony for Brass and Percussion
1977交響曲第2番(A.リード)?Second Symphony for Band
1988交響曲第3番(A.リード)?Third Symphony for Band
1992交響曲第4番(A.リード)?Fourth Symphony for Band
1994交響曲第5番「さくら」?Fifth Symphony for Band

コンサート・ピース

作曲年邦題原題備考
1967パッサカリア(A.リード)Passacaglia
1972序曲「インペラトリクス」Overture "Imperatrix"

カテゴリ


*1  磯田健一郎編『200CD 吹奏楽名曲・名演 魅惑のブラバン』立風書房、1999年。
*2  木原英土『タッド・ウインドシンフォニー ニューイヤーコンサート2019 PROGRAM NOTES』

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-19 (日) 20:05:12 (867d)