中橋愛生 (なかはし よしお)

プロフィール

東京音楽大学作曲指揮専攻および同大学院を首席で修了。作品は東京佼成ウインドオーケストラシエナ・ウインド・オーケストラ陸上自衛隊中央音楽隊?などによって初演されている。

作曲活動の他、解説執筆やCDの企画構成への参加も多く、2008年4月よりNHK-FM「吹奏楽のひびき」パーソナリティを務める。2010年から4年間、「レコード芸術」誌で吹奏楽・管楽器部門の新譜月評を担当。

これまでに作曲を吉田峰明、池辺晋一郎、西村朗?に、指揮法を汐澤安彦に師事。2000年より6年間、湯浅譲二のゼミ生および助手として薫陶を受ける。現在、東京音楽大学准教授、国立音楽大学・日本大学芸術学部各講師、日本バンドクリニック委員会委員、日本管打・吹奏楽学会理事、21世紀の吹奏楽"響宴"実行委員、日本管楽芸術学会会員。

受賞歴

  • 2002 第71回日本音楽コンクール作曲部門(管弦楽作品)第三位
  • 2007 第18回日本管打・吹奏楽学会アカデミー賞(作編曲部門)
  • 2009 日本吹奏楽指導者協会「下谷奨励賞」
  • 2010 同上

吹奏楽作品一覧

作曲年邦題その他タイトル(英語表記など)備考
2004科戸の鵲巣"Blessed Promising Future"
2007浅葱の空?Asagi no Sol-La(Pale Blue Sky to the Sea)
2019じゆびれえしよん?jubilate

カテゴリ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-20 (月) 07:06:22 (867d)